まるにこみ

ゲーム大好き!ドラマと読書と写真も好き。

本『まんがでわかる 伝え方が9割』読書感想文

文章を書くことも苦手だけど、話すことはそれ以上に苦手。仕事で後輩に業務の説明をしたり、上司に自分の意見を伝えたりすると、相手のぽかーんとした顔や、思いもしない反論が返ってきて「なんでこうなっちゃうんだろう…」と、いつも落ち込んでます。

そんな伝え下手を少しでも改善したくて購入しました。

まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割


この本は、ベストセラー「伝え方が9割」のマンガ版。マンガだからサクサク読めるし、結構おもしろかった!進研ゼミのようなベタな展開ではあったけど(笑)

内容は、『「ノー」を「イエス」に変える技術』と、『「強いコトバ」を作る技術』の2つを主軸に書かれています。

『「ノー」を「イエス」に変える技術』は、人にお願いする時に使えるもの。

主人公・舞は仕事のお手伝いを頼んでもことごとく断られてしまった経験から、人に頼むことをやめて自分で抱え込んでしまい、パンクしてしまいます。

これがもうそのまんま私すぎて笑えました。

でも、この『「ノー」を「イエス」に変える技術』を使って、嫌々ではなく気持ちよく仕事を手伝ってもらいます。ポイントは自分の頭の中の言葉をそのまま口にしないこと。

『「強いコトバ」を作る技術』は、雑誌編集者である舞が特集記事のタイトルを付ける時にこの技術を使います。人の心を動かすコトバには法則がある。その法則を知っているだけで、天からコトバが降りてくるのを待たなくてすみます。

私は、仕事でプレゼンをする時にこの技術を使いたいと思いました。特にクライマックス法はここぞという時にバシッと決めて、聞き手に「結局何を伝えたいのかわからなかった」なんて言われないようにしたいな…涙。

この技術を使ったからといって、舞みたいに仕事も恋も上手くいって人生バラ色になるわけじゃないけど、今よりも伝え方が上手くなれば、少しでも良い方向に進めるかも…なんて思いました。

広告を非表示にする